TouchMe: 拡張現実感を用いたロボットの遠隔操作 (2011)

touchme

拡張現実感(AR)を用いたロボットの遠隔操作インタフェース「TouchMe」を提案する。このインタフェースでは、ロボットが作業を行う空間を俯瞰視点で捉えたカメラ映像がタッチスクリーン上に映し出される。ユーザは、ロボットの操作したい部位に画面上で直接触れることによってロボットを操作することができる。

YouTube Preview Image

発表文献

  • Sunao Hashimoto, Akihio Ishida, Masahiko Inami, Takeo Igarashi, “TouchMe: An Augmented Reality Interface for Remote Robot Control”, Journal of Robotics and Mechatronics (JRM), Vol.25, No.3, (June, 2013, to appear).
  • Sunao Hashimoto, Akihiko Ishida, Masahiko Inami, Takeo Igarashi, “TouchMe: An Augmented Reality Based Remote Robot Manipulation”, Proceedings of the 21st International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT2011), pp.28-30, (November 28-30, Osaka, 2011), Honorable Mention受賞
  • 橋本直, 石田 明彦, 稲見 昌彦, 五十嵐 健夫, “TouchMe: 拡張現実感を用いたロボットの遠隔操作手法”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2012 (ROBOMEC 2012)論文集(ポスター発表), 2P1-M04, (2012年5月27-29日, 浜松)
  • 橋本直, 石田 明彦, 稲見 昌彦, 五十嵐 健夫, “TouchMe: CG重畳表示を用いたロボットの直接操作手法”, インタラクション2011論文集, pp.139-146,(2011年3月10-12日, 日本科学未来館)※会期中に震災が発生したため、第144回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 (HCI144)(2011年7月28-29日, 富山県黒部市)にて振替発表